watervoice

渣渣


嘘(うそ)の数(かず)だけ黒(くろ)ずんだ 肺(はい)が息苦(いきぐる)しんだ
被谎言的增殖熏染 变黑的肺叶已无法呼吸 
いっそ切(き)り取(と)っておくれ
劳烦你不如替我将它切去 
明日(あした)が楽(たの)しみだなんて ずいぶん幸(しあわ)せなんだね
待望着明日的欢欣 为何还有这般幸福期冀 
そんな目(め)で笑(わら)わないでよ
请别让我看你那样的笑影

その手(て)をまだ その手(て)をまだ
只是那双手 只是那双手 
僕(ぼく)は離(はな)したくはないんだ・・・
我还不愿就这样放弃

(君(きみ)を殺(ころ)していいの?)
可不可以杀了你?

ねぇ綺麗(きれい)な君(きみ)も いつか汚(よご)れてしまうなら
如果白璧无瑕的你 有一天总会遭到染玷 
ねぇ綺麗(きれい)なままで 今(いま)終(お)わらせてしまおうか
就让你纯洁的生命 此刻便完结在我的掌心 
まつ毛(げ)の先(さき)のガラス玉(だま)に 映(うつ)る逆(さか)さの世界(せかい)
透过睫梢的硝子珠 映入瞳孔的颠倒的天地
このままの二人(ふたり)を永遠(えいえん)に 閉(と)じ込(こ)めておきたい
想永远将这样的你和我 就此密封在虚像的世界里 

誰(だれ)かに踏(ふ)み潰(つぶ)されて 道端(みちばた)で枯(か)れた花(はな)を
为遭到无心者凌践 萎落于道旁的凋零的花
哀(あわ)れむ暇(ひま)なんてなくて
都没有空闲可以致上哀怜
街(まち)や人(ひと)も変(か)わってく 君(きみ)も僕(ぼく)も変(か)わってく
城市与人都在改变 无论你或我都不复从前 
そんな未来(みらい)が怖(こわ)いんだ
这样的未来让我不住震颤

君(きみ)の声(こえ)を もっとちょうだい
赐我更多 你的声音
酸素(さんそ)も水(みず)も要(い)らないから・・・
不需要水分也不需要氧气 

(君(きみ)を殺(ころ)していいの?)
可不可以杀了你?

ねぇ綺麗(きれい)な瞳(ひとみ) いつか濁(にご)ってしまうなら
如果你透亮的瞳仁 有一天总将浊成浑黄 
ねぇ綺麗(きれい)なままで 今(いま)終(お)わらせてしまいたい
愿你随着那双清澈 此刻便完结在我的掌心 
その指先(ゆびさき)をきつく噛(か)んで 滲(にじ)むルビーの中(なか)
狠狠咬噬着那指尖 沁出肌理的冶艳的宝石 
僕(ぼく)を愛(あい)してくれる君(きみ)を 閉(と)じ込(こ)めておきたい
多想把恩赏我爱情的你 就此封存于赤红的倒影里

(君(きみ)を殺(ころ)していいの?)
ki mi wo ko ro shi te i i no
可不可以杀了你?

ねぇ綺麗(きれい)な君(きみ)も いつか汚(よご)れてしまうなら
如果白璧无瑕的你 有一天总会遭到染玷 
ねぇ綺麗(きれい)なままで 今(いま)終(お)わらせてしまおうか
就让你纯洁的生命 此刻便完结在我的掌心 
ねぇ二人(ふたり)を結(むす)ぶ この赤(あか)い糸(いと)が切(き)れたら
将我们系在一起的 这条红线若最终断离 
ねぇ違(ちが)う誰(だれ)かと 君(きみ)と恋(こい)を落(お)ちるんだろう
你必然会和其他的谁 共同跌落进爱的渊薮去 

僕(ぼく)の知(し)らない君(きみ)は全部(ぜんぶ) 消(け)して、消(け)して、消(け)して
将我所不知道的你的全部 都抹杀掉
その瞳(ひとみ)はたった一人(ひとり)を 映(うつ)してくれればいい
你的瞳中只 映出我一个人就行了
鏡(かがみ)の破片(はへん)が映(うつ)し出(だ)す 二人(ふたり)だけの世界(せかい)
镜子的碎片中映出了 我们二人的世界  
僕(ぼく)を愛(あい)してくれる君(きみ)を 閉(と)じ込(こ)めておきたい
将我爱着的你 囚禁在镜子里面的吧 

 


评论
热度(2)
©watervoice
Powered by LOFTER